いわき石材

  1. トップ
  2. 施工中のご案内
  3. 早野聖地公園 フルリフォーム工事 一般普通型墓地(洋型)

早野聖地公園 フルリフォーム工事 一般普通型墓地(洋型)

2019年5月20日

早野聖地公園の和型墓所をフルリフォームのご依頼をいただきました。
経年変化により外柵はズレやガタツキがあり石自体の劣化も目立ちます。
今回は外柵だけではなく墓石も洋型にて (インド産黒みかげクンナム石)全く新しいお墓を施工いたします。
墓石建立の際には耐震施工を施して設置をします。

リフォーム前
リフォーム前
墓石を撤去しました
墓石を撤去しました
外柵も撤去しました
外柵も撤去しました
排水用の管を埋設します
排水用の管を埋設します
割栗(敷石)を敷きます
割栗(敷石)を敷きます
鉄筋を渡して、強度を高めます。ベタ基礎と呼ばれる工法です。
鉄筋を渡して、強度を高めます。ベタ基礎と呼ばれる工法です。
全面にコンクリートを敷きます
全面にコンクリートを敷きます
立ち上がりも出来ました
墓所部分の立ち上がりも出来ました
1905hrw6-09早野聖地公園 フルリフォーム工事
基礎工事が完了しました

これから、墓所部分の工事に入ります。
写真奥のコンクリートの立ち上がりと凹みがある部分にカロート(納骨室)を設置していきます。

いわき石材では、リフォーム工事であっても、骨壷を一旦お店でお預かりさせて頂きカロートから全てを撤去解体し更地にしてからの新設工事を行います。
そうすることで、しっかりとした基礎工事が可能になります。

2019年5月23日

外柵が組み上がりました。

2019年6月1日

いわき石材では標準で納骨堂(カロート)に白みかげ石を使用しています。
お骨を収める部分まで手を抜きません。
白みかげ石の納骨堂(カロート)底面は玉砂利を敷き、排水用のパイプを埋設しています。
インド産 クンナム石の洋型墓所が完成しました。
埋込み型の墓誌も新設しています。

和型の墓石から洋型の墓石になり、印象もかなり変わりました。
施主様からも「以前より広くなって見えるし、なによりお参りが楽になりそうだ」とお言葉を頂きました。

リフォーム後

墓所の仕様はこちらで確認頂けます。
【施工実績】一般普通型墓地(洋型)2019年6月リフォーム 津田山緑が丘霊園

最近の投稿

さらに見る